道の駅「ライスランドふかがわ」(道央エリア北 71)

北海道の道の駅一覧(テキスト版解説版域内道の駅一覧)・ブログの書き方北のチップス


概要(最終訪問日:2020年9月6日)  道央エリア(札幌以北)、国道12号・233号交差点にある道の駅、2002年設置(設置番号71)。交通量がなかなかのもの、高速道のPAの趣。2Fのレストランは深川産のお米を使いおいしい食事処。1Fの売店、鯛焼き屋さん、米・野菜などの産直野菜売り場、どれも活気があります。駅舎外には焼き鳥のテイクアウトの店と「お花マーケット」。トイレはウォシュレット(快適度9)。駐車場は2014年の拡張で北方向に伸び、広くなりました、敷地内にガソリンスタンド(車中泊度◯)。シーズン中であれば、オートキャンプ場の方が良いかも…。


住所:北海道深川市音江町字広里59-7
電話番号:0164-26-3636   MAP CODE:179 713 598
営業時間や休館日などは「道の駅ホームページ」(おしらせ)をご覧ください
《近くの道の駅》
 (東27km)あさひかわ(道北エリア)
 (西14km)たきかわ・(19km)田園の里うりゅう
 (南38km)うたしないチロルの湯
 (北西13km)鐘のなるまち・ちっぷべつ・(北60km)森と湖の里ほろかない(道北・上川)

上川管内(北)概略図
上川管内(南)概略図
道央エリア(北)概略図



🙆 記事一覧 

トイレ事情    ●風呂事情    ●洗濯事情
駐車可能台数
敷地内の店    ●レストラン   ●コンビニや店・ガソリン・郵便局
観光スポットや行事
地名由来     ●地図


 駅舎右手、「ようこそ!ライスランドふかがわ王国へ」と書かれた自動ドアを抜けると24hトイレがあります。ウォシュレットのみ。女子トイレは5、男子トイレは3。ちょとばかり狭い感じのトイレ。便座クリーナー付き。手水は湯と石けんが前方から出て、乾燥用の風が手前から出る一体型。お湯が出るのにはほっとします。子供用に低い手水あり。掃除が行き届いています。多機能トイレには簡易型24hオストメイト設備、ベビーベッドがあります。

道の駅「ライスランドふかがわ」入口
道の駅「ライスランドふかがわ」右手入口


 道の駅から南東2.2kmのところに「アグリ工房まあぶ」(0164-26-3333、深川市音江町音江)営業時間09:00-22:00/年中無休。駐車場200台。料金ふつう(JAF優待会員含む1グループ割引)。ボディソープ・リンスインシャンプー備え付け。タオル・バスタオルのレンタル、販売タオルあり。温泉水は毎日入れ替え。温泉らしからぬ名称ですが、研修室、加工実習室、レストラン「まあぶ'sキッチン旬彩」(第2・4木曜休み)、コテージ、公園、ニュートンのリンゴが生えている体験見本林などがある複合施設、かつ深川市民の福利厚生施設、きれいです。浴槽は主浴槽、露天風呂、サウナ。割安の、日帰り温泉+食事のセットもあります。「まあぶ」というのは「学ぶ、アグリ(カルチャー)、あそぶ」の三語を連結したものだそう。

深川市・アグリ工房まあぶ
深川市・アグリ工房まあぶ


 温泉から歩いて7分の近所に「まあぶオートキャンプ場」開設期間4月末~10月(0164-26-3000、深川市音江町字音江459番地1、MAP CODE: 179 685 537)があり、高規格。ウォシュレットのトイレ、シャワー、ランドリーつき。炊事場にはお湯が出て、電子レンジつき。コテージ(通年営業)は使用料が高いですが設備(貸別荘タイプ)がすごい、すでに家具を入れ込んだアパートの一室みたい。予約は電話、メール、webで。温泉・レストランがすぐそば、トラックの騒音も届かないので、こちらでの宿泊がおすすめです。近くには「戸外炉峠駐車公園(ととろとうげ)」という深川市の田畑を見晴らす展望台もあります。春は水をはった水田、夏の緑、秋の黄金色、変わりゆく色に季節のたゆまない移ろい、自然の大きさを感じます。コンビニは少し遠い、深川駅周辺(キャンプ場からだと北へ6km足らず)。Google Map
 2020年から区画限定(7区画ほど)で冬キャンプが始まりました。トイレなどはセンターハウスを利用。週末は全区画が埋まるほどの人気です。

 11km西方に「妹背牛温泉ペペル」があります。「たきかわ」をご覧ください。
 旭川(東へ約30km)にはたくさんの温泉、たくさんの観光地があります。「あさひかわ」をご覧ください。


深川市に2軒あります。
 「コインランドリージャバ深川店」北上3.5km・国道233号経由(北海道深川市2条7-26)06:00-22:00年中無休。洗濯機・乾燥機一体型あり。
 「コインランドリーファシル店」北上3.7km・国道233号経由(北海道深川市3条12番15)05:00-23:00年中無休。洗濯機・乾燥機一体型あり。
 深川市のコインランドリーはカイトコインランドリーのページに情報があります。稼働情報は掲載されていません。

 南方向は「たきかわ」をご覧ください。滝川市は南西へ25km。
 旭川(東へ約30km)にはたくさんのコインランドリーがあります。「あさひかわ」をご覧ください。


駐車可能台数 [TOPへ] (ここは泊まれますか?道の駅のWi-Fi
大型・普通車・身障者用:11台・136台・2台/EV急速充電器あり。国道12号と国道233号(深川国道)の交差点にあり、両方の国道とも主要幹線道路。国道12号は「中央国道」と名の付くほど…。233号は秩父別、留萌へ向かいます。
 駐車場は、2014年北西方向に拡張し、かなり広くなりました。来訪者の数に少しばかり追いついた感じのスペース数です。国道に沿って幅5mほどのグリーンベルトが作られています。お客さんが1階にも2階にも、いつもいっぱいです。Google Map

道の駅「ライスランドふかがわ」駐車場
道の駅「ライスランドふかがわ」駐車場


 2017年北海道開発局主催の道の駅ランキング中「地域や観光の情報提供が充実していたと感じた道の駅TOP10」(PDF)、2018年、釜飯で「いちおしのおいしいものTOP10」(PDF)に入りました。道の駅は「お米のまち深川の情報発信基地」(深川市ホームページ)です。


敷地内の店 [TOPへ]
 道の駅建物内1階にはたくさんの店が入っています。「テイクアウトコーナー」にはおにぎりやソフトクリームはもちろん、こめ粉で焼いた「こめっち焼き」も。「eki.cafe F-CUP」にはコーヒー・牛サンドイッチ。冬でも結構な量が揃っている「農産物直売所 eciR(えしる)」。暖めるだけの「釜飯」やそばも売っています。ご当地のおみやげもの「物産品販売」、精米を体験できる「お米ギャラリー」があります。
 かくれたおすすめは「大福」。最近の大福は皮が牛皮のように柔らかいものが多いですが、こちらの大福は正当派餅の歯ごたえです。あんこはすこししお味をきかせたもの、こしあんと粒あんがあります。またそば粉大福や黒豆を混ぜ込んだ大福と種類も豊富。個包装です。

 戸外にクレープとそば(深川たどしそば)を出す「Pad Village」、ザンギの「SENDOU道の駅店」。ときどき手刺し焼き鳥屋「どんでんがえし」が出ます、これがおいしいとの評判(とってもおいしいです)。

ふかがわの道の駅・Pad Village
ふかがわの道の駅・Pad Village


 駅舎とは別に「オハナマーケット」(09:00-19:00/火曜定休)が2019年新たに開店しました。深川産の飲物や商品(レトルトカレーや缶詰)、輸入菓子などを扱います。「フランスドッグ」はドリンクとセットで土休日11:00からの数量限定販売。コーヒーの飲めるイートインの椅子が6席。Wi-Fiも飛んでいます。
 東側(上の画像内、右手の黄色丸部分)にホクレンのガソリンスタンドがあります。


レストラン [TOPへ]
 道の駅2階に「味しるべ駅逓(えきてい)」営業時間11:00-21:00(6月~9月)、11:00-19:00(残りの期間・GW期間は11:00-21:00)。釜飯が人気、道の駅ランキングTOP10に入るほど。もちろんお米は深川産。ほかにラーメン、うどん、カレーなど。食券を販売機で買うと、その時点で注文が厨房に伝わるので、わざわざ店員に渡す必要がありません。
 店内はしゃれていて、いつもたくさんお客さんが入っています。釜飯はだいたいどれも千円を切る値段なので、ほどほどの価格という感じ。釜飯はひとつひとつ炊くので待ち時間が10~15分ほどあります。2Fへはエレベータでも行けます。

道の駅「ライスランドふかがわ」レストラン釜飯
道の駅「ライスランドふかがわ」レストラン釜飯


 温泉「アグリ工房まあぶ」にもレストラン「まあぶ'sキッチン旬彩」(営業時間平日11:30-13:30・17:00-19:30、土日11:30-19:30)があります。お子さまランチからサーロインステーキセットまでいろいろ揃っています、お弁当も取り扱い。割安の、温泉とお食事セットもあります。

近隣は…、
 「中国料理 志峰飯店」北へ3km・国道233号経由(0164-22-3119、深川市8条10-9)11:30-15:00・17:00-22:00/月曜定休。四川麻婆豆腐定食、エビチリがおすすめ。
 「レストラン 空音(そらね)」北へ550m・国道233号沿い(0164-25-2276、深川市音江町広里71-4)11:30-14:00・18:00-20:00/水曜定休。イタリアンのコース料理。
 「ムッシュサンダカン」北へ4.5km・深川市総合体育館向かい(0164-22-2177、深川市6条20-8)11:00-15:00・17:00-20:00/月曜定休。自家製ソーセージを中心としたメニュー。ピラフ、オムライス、石焼きカレーがおすすめ。オムライスは前日までに要予約(当日不可)。
(昼)「和風レストラン ふじ屋」北へ3.5km・JR深川駅前(0164-23-2107、深川市2条10番1号)11:00-14:00/月曜定休。ご当地メニュー「深川そばめし」がおすすめ。

 食事のできる店については「北海道深川観光サイト寄って・遊んで・食べて深川いただきます」に喫茶店、居酒屋にいたるまで、きれい・ていねいにまとめられています。「深川そばめし」、「深川牛」などおすすめ。深川はそばの産地(深川たどしそば、作付面積日本2位)でもあります。


コンビニ・店・ガソリン・郵便局 [TOPへ] (ANRE 停電時も給油可能なGS
 道の駅から北へ、石狩川を渡ってJR深川駅や市役所あたり(国道233号をほぼ北へ4.5kmほど)に行くと、ローソン、セイコーマートなどたくさん並んでいます。人口2万人ほどの市に、「こんなにたくさん!」というくらいコンビニ(11店舗)があります。

 ガソリンスタンドは道の駅のすぐ隣に「ホクレン音江セルフSS」07:30-19:00/(11月~3月)08:00-19:00。

 「音江郵便局」道道79号沿い・南へ500m(0164-25-1342、深川市音江町1丁目6-23)ATMは土曜15:00まで。
 「深川郵便局」国道233号経由・北へ4km(0164-23-3225、ATMは日曜17:00まで)はJR深川駅前にあります。スーパー「コープさっぽろふかがわ店」(ダイソー併設)は郵便局のすぐ前、「コインランドリージャバ深川店」はコープや郵便局のほぼ隣り、「ローソン 深川駅前店」(0164-23-0311、イートインあり)がすぐ近く。


観光スポットや行事 [TOPへ] (服装虫対策ゴミ箱

道の駅「ライスランド深川」と観光スポット
道の駅「ライスランド深川」と観光スポット


 「ふかがわ氷雪まつり」が毎年2月初旬に開催されます。例年2月初めです。場所は「花園公園」(道の駅から北西へ3km)ほか。

 「アートホール東洲館」道の駅から北西へ3.6km・JR深川駅そば(0164-26-0026、深川市1条9番19号 深川市経済センター2階)10:00-16:00/休館日は不定、ホームページをご覧ください。書家小川東洲(札幌市在住)と画家の故松島正幸の作品を展示。

 桜の名勝地「桜山公園」道の駅から北へ9km(深川市一已町一已1863番地、MAP CODE: 495 017 240)やカタクリの群生で有名な「丸山公園」(深川市一已町字一已2527番地78、MAP CODE: 179 862 461*10)なども北の方にあります。

 「アップルランド山の駅おとえ」道の駅から南東へ2.4km(0164-25-1900、深川市音江町589番地28)。「アグリ工房まあぶ」の南側、赤と白の建物。深川産のりんごやさくらんぼ等の農産物を使い、シードルやジャム・ジュースを作っています。音江連山登山コース、トレッキングの休憩所としても利用できます。国見峠(標高155m)や無名山(標高805m)からの眺望は格別です。

深川市・アップルランド山の駅おとえ
深川市・アップルランド山の駅おとえ


◯ぜひ訪れたいのは「戸外炉(トトロ)峠駐車公園」南東へ3km(北海道深川市音江町国見 MAP CODE: 179 687 668*62)。深川の四季折々の田園風景や夜景が眺望できる駐車場。視界が大きく開けます。田植えのころの水をたたえた田んぼ、夏の緑、初秋の黄金色、冬の田んぼは真っ白になります。水洗トイレ、あずまや、ベンチなどが備えられています。春のルピナスもきれい。「トトロ」に出てくるような、黄色の猫バスが目印。駐車公園は道の向かい、「アグリ工房まあぶ」のすぐ近くです。

深川市・戸外炉峠駐車公園からの眺め
深川市・戸外炉峠駐車公園からの眺め


◯「イルムの丘聖セントマーガレット教会」南へ4.2km(0164-25-1122、深川市音江町字音江600番地)火曜日定休・年末年始休業。深川市を一望できる「イルムの丘」に建っています。イギリスの建築家ジョンS.ボニントンが設計し、15,000坪の広大な敷地に建つ教会。礼拝堂は英国ゴシック式天井、また窓はステンドグラス。イングリッシュガーデン、レストラン「コリーナ」、ギリシャヨーグルトの専門店「ヨーグルト」があります。結婚式場あり。一見の価値あります。

深川市・イルムの丘聖マーガレット教会
深川市・イルムの丘聖マーガレット教会


地名由来 [TOPへ]
 滝川や富良野など内陸部の開拓が沿岸部よりも遅いのは深川も同じ。深川市の開拓は、三笠市から旭川市までの約90kmの上川道路(現・国道12号[中央国道])が1886(明治19)年5月に着工されたことが大きなきっかけです。この道路の建設には樺戸集治監(鑑別所、現・月形樺戸博物館で当時の様子を見ることができます)の囚人がかり出されました。この状況は樺戸集治監よりも有名になってしまった「網走監獄」でも同じで、道路建設に囚人が使われました。囚人たちは幅2mほどの道をなんと三ヶ月で完成させたのです(1日1kmの工事速度)。翌1887(明治20)年から三年をかけて道路幅を5.5mに拡張しました。これにより馬車の通行が可能となり、開拓者もどんどん内陸に入るようになりました。それまでは石狩川を「丸木舟」で上っていました。

 集治監(しゅうちかん・しゅうじかん)は北海道に3カ所(樺戸[月形町1881年]、空知[三笠市1882年]、釧路[標茶町1885年])作られました。1891年設置の「網走監獄」は釧路にあった集治監の下部組織。この時代に作られた北海道以外の集治監は、1879年東京と宮城そして1883年福岡です。道内に3カ所ですから、まだようやく開拓が始まった地域に異常に多くの監獄が作られたことになります。「罪人の収監」以外の目的があったのでしょう。囚人たちは道路建設ばかりでなく、水道の敷設にも携わりました。直径40~50cmの丸太の芯をくりぬき水道管の代わりにしました。1本の丸太の長さは4~5mです。それを何本もつなぎ合わせ水道管にしたのです。

 囚人といっても現在の法を犯した人と一概に同列にとらえると誤解のもと。官権の力の強かった時代、朝廷との争いに負けた武士たちや、国や役所にたてついたものが監獄に送り込まれました。さらに明治期はロシアの南下政策に対抗するため、北海道の防衛と開発にたくさんの人手がほしい時期でした。

監房
監房

 そして「音江法華」などの駅逓(馬を貸すところ)が上川道路沿いにでき、「音江法華」(音江1丁目に駅逓所跡があります)はもっとも賑やかだったとのこと。道の駅2階のレストラン「駅逓(えきてい)」はここから名前を取っています。
 そうして1892(明治25)年2月に深川村が誕生しました。その後1954(昭和29)年、深川町・一已(いちゃん[鮭の産卵穴の意])村・納内(おさむない[川尻にヨシが生える川])村・音江(おとえ[川尻が崩れる川])村、4町村の合併計画が持ち上がり、10年近くの年月を経て1963(昭和38)年、深川市が誕生しました。

 「音江法華駅逓跡」は道の駅から南東へ1km。案内板のみが建っています。「敬徳寺」(0164-25-1281)というお寺のそばです。建物の実物、近隣では雨竜郡沼田町に道指定文化財「本願寺駅逓」(5月~11月、冬期休館、MAP CODE:495 124 166*77)が残っています。「ライスランド深川」からは北西へ23km、「鐘のなるまち・ちっぷべつ」から北西へ7km、「サンフラワー北竜」からは北東へ5.5kmの距離です。

 深川の地名由来はいまひとつはっきりしません。市街の北に流れる石狩川水系大鳳川(おうほうがわ)は、アイヌ語名を「オオホナイ」(深い・川)あるいは「メム」(清く深い水の流れ)といい、この意味から抽出したという説があります。一部まことしやかに語られている、東京「深川」とは関係ありません。名の知られた人物、名の通った新聞がこの情報の源になっているのは残念なことです。


地図 [TOPへ]
住所:北海道深川市音江町字広里59-7
電話番号:0164-26-3636   MAP CODE:179 713 598

#「その他のオプション」をクリックした後、出てきた大きな地図の左側「道の駅ライスランドふかがわ」の文字列の前に「札幌から」など入力し、エンターキーを押すと出発地からの距離、時間、ルートが示されます。


参考URL:
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/71
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2390/
http://mypage.fukanavi.com/riceland/
https://www.city.fukagawa.lg.jp/kankou/pages2/ne5dau0000000fak.html

#cheap & clean_stay_in_vehicle_at_MichinoEki_Hokkaido