道の駅「もち米の里なよろ」(道北エリア上川北 102)

北海道の道の駅一覧(テキスト版解説版域内道の駅一覧)・ブログの書き方北のチップス


概要(最終訪問日:2020年10月10日)  道北エリア(上川管内・旭川以北)、国道40号沿いの道の駅、2008年設置(設置番号102)。24hトイレはきれいなウォシュレット・オストメイト機器(快適度9)。駅舎内レストランはシーズン中17:00閉店、一食の価値あり。大福餅の種類がたくさん。駅舎には花が飾られ、きれい。敷地内にシーズン中のみ稼働するコインランドリーあり。風呂が遠い。駐車場はそれなりの広さ(車中泊度◎)。Wi-Fi強力。もち米大福で幸せ気分、レストランでいっぱい満足。


住所:北海道名寄市風連町西町334-1
電話番号:01655-7-8686   MAP CODE:272 440 153
営業時間や休館日などは「道の駅ホームページ」(おしらせ)をご覧ください
《近くの道の駅》
 (東45km)にしおこっぺ花夢(オホーツク)
 (西96km)風Wとままえ
 (南23km)絵本の里けんぶち
 (北36km)びふか

オホーツク管内(北)概略図
上川管内(北)概略図



🙆 記事一覧 

トイレ事情    ●風呂事情    ●洗濯事情
駐車可能台数
敷地内の店    ●レストラン   ●コンビニや店・ガソリン・郵便局
観光スポットや行事(+士別市・下川町)
地名由来     ●地図


 駅舎内(向かって右側に入り口)にあります。個室はすべてウォシュレット。女子8、男子3。多機能トイレに1とオストメイト機器。男女トイレの個室の1つが大きく、おむつ交換台があります。便座クリーナ付き。とってもきれいです。

道の駅「もち米の里☆なよろ」駅舎入り口
道の駅「もち米の里☆なよろ」駅舎入り口


士別市の温泉が直近…、道の駅は名寄市のほぼ南端、南の士別市のお風呂の方が近いです。名寄市の温泉はほとんど美深町との境。

 直近は「日向保養センター日向温泉(ひなたおんせん)」南西へ10km・道道976号沿い(0165-26-2021、士別市多寄町4098)10:00-21:00。入浴料は安め。ボディソープ・シャンプー要持参。和風と洋風の浴室があり、一定期間で男女入れ替え。内湯2(高温・低温)、サウナ1。ドライヤー、飲料水、ロッカー、休憩室あり。
 山の中腹にあり、見晴らしの良いレストラン併設(11:00-20:30)。温泉背後の山はスキー場。レストランは冬はスキー靴のまま入館可。食事と入浴セットあり。士別からだと1日3本送迎バスがあります。すぐ近くに散策路のついた「日向森林公園」(5月中旬~10月中旬開設)、キャンプ場(詳細は下の観光スポットや行事へ)、低料金バンガローがあります。

士別市・日向保養センター日向温泉
士別市・日向保養センター日向温泉
日向温泉前景
日向温泉前景


 士別市にはバス「士別軌道」が走り、市内9路線を運行しています。このうち士別駅と風連駅を結ぶ鵜「中多寄線(士別~風連間)」で「モノコックバス」(形式:日野K-RC301P)という昭和時代の終わりころ(1982年)に製造されたバスが現役で走っています。日向温泉を通るので、乗車体験はいかがでしょうか。

 「ホテル美し乃湯温泉(うつくしのおんせん)」南へ14km・国道40号沿い(0165-29-2611、士別市大通東17丁目3143-215)07:00-24:00(冬期平日は10:00-15:00はお休み、露天風呂は冬はなし)。入浴料はちょと高め。広くてきれい。露天、サウナあり。食塩泉。

 「士別inn翠月」南へ16km(0165-29-2233、士別市南士別町1871-21)にも日帰り入浴があります。入浴料はまあふつう。大浴場(トロンの湯)、低温サウナあり。レストラン「コスモス」(ランチ11:00-14:30)。宿泊可。

名寄市の温泉…、
 「なよろ温泉サンピラー」北へ18km・道道939号沿い(01654-2-2131、名寄市日進)10:00-22:00(17:00- 第3月曜)。入浴料は安め、なのにボディソープ・シャンプー備え付け。サウナあり。ロッカーあり。周辺に体育センターピヤシリフォレスト、ピアシリスキー場、スキージャンプ台ピヤシリシャンツェ、サンピラーパーク、なよろ健康の森、サンピラーユースホステル、トムテキャンプ場、名寄市立天文台きたすばるなどの施設がいっぱい。
 周辺は「名勝ピリカノカ(美しい場所)」・「九度山(クトゥンヌプリ)」に指定されています。

なよろ温泉サンピラー
なよろ温泉サンピラー
名寄市ピヤシリシャンツェ
名寄市ピヤシリシャンツェ


下川町の温泉…、
 「五味温泉」下川町・東へ24km・道道101号経由(01655-4-3311、上川郡下川町班渓[ぱんけ]2893)10:00-22:00/月に一回、月曜日が休み。入浴料は安め。きれいな内湯、露天、サウナあります。二酸化炭素を含んだ湯、血圧を下げることができるのだそう。ボディソープ・シャンプー備え付け。浴槽は5つあり、温泉の浴槽は1つのみ(白濁)、ほかはきれいな透明の湯です。ドライヤー、ロッカーあり。人気の高い温泉です。となりに宿泊施設「エコハウス美桑」、また自然のサイダー「飲用炭酸泉」も。近くに下川町の名所「万里長城」があります。


 直近はなんと道の駅内。「コインランドリー道の駅もち米の里名寄」(冬期休業)。台数(2セット)が少ないのと、電気式の旧型でいまいち乾きが良くないかも。

コインランドリー「スキル」
コインランドリー「スキル」


 「コインランドリースキル徳田店」(名寄ショッピングセンター店)北東へ6.9km(01654-3-7739、名寄市徳田88番2)06:00-24:00。稼働状況。敷地内に、マックスバリュー、ツルハドラッグ、モスバーガー(01654-3-6464)、ホーマック、ダイソー、中華料理店あり、裏手にイオンモール、ユニクロ、しまむら、オートバックスなどあり。買い物などがあれば、こちらが便利。

 「コインランドリースキル」北へ8.2km(0165-49-2545,名寄市西六条南10丁目2番地14)07:00-23:00。稼働状況
 「コインランドリースキル名寄3号店」北へ10.2km(名寄市西3条北6丁目10番地2)営業時間不明。稼働状況


駐車可能台数 [TOPへ] (ここは泊まれますか?道の駅のWi-Fi
大型・普通車・身障者用:13台・65台・2台/EV急速充電器1。
 国道40号沿いの道の駅、敷地はほぼ三角形ですが、北に駅舎などの建物を配し、南側に一面の大きな駐車場を展開しています。駅舎すぐ前に屋根つきの身障者用駐車スペース、その手前にバイク用スペース。大型車もトラックとバスを分けたスペース。道路との間には幅広のグリーンベルト。北の道路側には「ふうれん特産館」や「ふうれん物産館」があります。Google Map

道の駅「もち米の里☆なよろ」駐車場
道の駅「もち米の里☆なよろ」駐車場


 お客さんの数の割には駐車場は狭い印象です。たいてい混雑しています。


敷地内の店 [TOPへ]
 花や野菜の農産物販売所、コインランドリー、十割そばの五大農園が外にあります。館内にはレストラン、お土産品、冷凍加工品、キティちゃんグッズ、シュークリーム、プリンや米の特産品コーナーなど。

 目を引くのは「ソフト大福コーナー」。もち米の里らしく餅米大福やハスカップ、チーズ、メロン、しそ、イチゴ大福などたくさんの種類の大福があり、つぎからつぎへと売れていきます。お昼を抜いて大福全種類でもいけるかなぁ。大福は「ヨモギ大福粒あん」がおすすめ。
 いろいろなサービスや商品をバランス良く提供しているという感じです。

道の駅「もち米の里なよろ」大福餅
道の駅「もち米の里なよろ」大福餅(周りにいっぱい)


レストラン [TOPへ]
 駅舎内のレストラン「風の寄り道」はシーズン中でも17:00閉店。夕食には少し早いですが、ぜひ立ち寄りたいところ。おすすめを見てみると、「煮込みジンギスカン定食」、「チキン野菜スープカレー」(限定10食)、「もちかきあげ丼」など。お食事の時間でなくても、ここではぜひ食べたい。「お食事のお客様にはゆで卵1つプレゼント」です。

道の駅から名寄市の市街地まで9kmほど離れています。どの店もおすすめです。
 「最強スープカリーブッダ」道の駅から北へ8.6km(01654-3-9002、名寄市西3条南8丁目)11:30-15:30・17:30-20:00/日曜定休。スープカレーやさん。
 「ナマステ・ネパール名寄店」北へ8.6km(01654-2-6000、名寄市西4条南8丁目 西條百貨店)11:00-20:30。こちらはネパールカレー。ナンでいただきます。

 「一善や」北へ8.9km(01654-2-5503、名寄市西3条南6丁目17) 11:30-15:00・17:00-20:30(月曜は15:00まで)/火曜定休。ラーメン屋さん。
 「西洋居酒屋びすとろ」北へ8.8km(01654-2-0080、名寄市西4条南4丁目23-1 丸八ビル1階)17:30-23:00/日曜定休。ジンギスカン料理もある居酒屋。
 「三星食堂」北へ9.2km(01654-2-3535、名寄市大通南6丁目)10:00-20:00/月曜定休。定食のお店。


士別市の食事処…、
 「花の友」(0165-23-2565、士別市大通東6丁目)17:00-21:00。ジンギスカンがおいしい店。
 「rojiuracurrySAMURAIふる里」(0165-26-2066、士別市多寄町36線西3)11:00-14:30・17:00-20:00。チョコレート色の建物。甘めのスープなので、普段の食事よりは辛めにした方が良いかも。土日は混みます。

 「淳真」JR多寄駅すぐ近く(0165-26-2302、士別市多寄町36線東3)11:30-14:00なくなりしだい終了/月曜定休。多寄(たよろ)の食材、そば粉にこだわったそば造りの店。2Fは「そば打ち体験工房」。カメラ側が駐車場(未舗装)になっています。画像は、食事時を外れても店の外で待つお客さん。

士別市・そば処淳真
士別市・そば処淳真


 「勝美鮨」(0165-22-2724、士別市大通東6丁目)11:00-13:00・17:00-22:00(土日祝は夜のみ)。イカの一夜干し、ふぐ刺し(「下関」風薄造りではなく北海道によくあるマフグの厚切り)。寿司は大きめです。平日は「にぎりランチ」などランチメニューあります。蕎麦もおすすめです。

 「麺やたけちゃん」(0165-22-0389、士別市南町東4区1875)11:00-14:00・17:30-20:00/水曜定休。ラーメン屋さん。辛味噌ラーメン、担々麺、ピリ辛広東麺がおすすめ。手作り餃子が四種、こちらもおすすめ。

 「羊と雲の丘観光」(0165-22-2991、士別市西士別町5351)10:00-20:00。「世界のめん羊館」の施設です。2Fレストラン「羊飼いの家」で、士別産サフォーク種のジンギスカン、定食、スープカレー、カツもいだだけます。

 「プレミアムサフォークダイニングSHIZUO」(ジンギスカン)は下にあげた「観光スポット」キャンプ場に記載しました。

 「北の食房ふくろう」(0165-26-7296、士別市西3条1丁目3-22)11:00-14:30・17:00-20:00/月曜定休。おすすめは「天ぷら定食」、「味噌カツ定食』など。そばがたくさん、ほかに「小エビのチリソース煮」などの一品料理あり。

 「たぬき屋食堂」JR士別駅そば(0165-23-2322、士別市西2条8丁目)11:00-19:30。おそば屋さん。ラーメンやうどんもできます。お昼時は混みあいます。

 「てしお和風レストラン」(0165-22-4500、士別市大通北8丁目135)11:00-19:30。塩だれジンギスカン丼「サフォークセット」(蕎麦付き)あり。サフォークのステーキは250g。


下川町の食事処…、
 「みなみ家」(01655-4-3194、下川町錦町29番地)11:00-14:00(夜は宴会等の予約のみ)/月曜定休。うどん屋。小麦粉は下川産「はるゆたか」を使用。温と冷のうどんあり。「大海老天ぶっかけ」がおすすめ。
 「コーヒーと洋食アポロ」(01655-4-3802、下川町錦町76番地)11:00-15:00・18:00-22:00/水木曜定休。スパゲティ・ナポリタンや「鹿肉のロースト」がおすすめ。夜はビールやワインもおすすめ。
 「レストラン・モレーナ」(01655-4-4110、下川町北町309番地)11:00-17:00/月曜定休。インド料理の店。インドカレーがおすすめ。


コンビニ・店・ガソリン・郵便局 [TOPへ] (ANRE 停電時も給油可能なGS
わりと近くにいろいろな店があります。
 「セブンイレブン上川風連店」北へ900m・国道40号沿い(01655-3-3115、名寄市風連町本町68)24h営業。
 「セイコーマート 風連店」北へ1.3km・国道40号沿い(01655-3-2177、名寄市風連町大町34)06:00-24:00。
 「ローソン名寄徳田店」北へ6.5km・国道40号沿い(01654-2-5150、名寄市字徳田247-3)24h営業。7席のイートイン。

 「ENEOS風連SS / 山崎石油店」北へ300m・国道40号沿い(01655-3-2003、名寄市風連町南町99)07:00-19:00(日曜07:30-18:00)。
 「昭和シェル石油 風連SS / 川原石油」北へ2.1km・国道40号沿い(01655-3-2589、名寄市風連町北栄町132)08:00-19:00/日曜定休。
 「昭和シェル名寄セルフSS・モダ石油」北東へ6.5km・国道40号沿い(01654-9-5050、名寄市字徳田247-7)04:00-26:00。他店より安め。ドライブスルー洗車機あり。
 士別市「ホクレン士別南セルフ(JA北ひびき)」南へ15km・国道40号沿い(0165-29-6633、士別市大通東20丁目472番地)07:00-22:00。ドライブスルー洗車機あり。コインランドリーひまわり士別店、「美し乃温泉」がすぐ近く。

 「風連郵便局」北へ1.2km・国道40号沿い(01655-3-2660、名寄市風連町仲町99)ATMは日曜14:00まで。上記セブンイレブンを左に折れ、まもなくです。


観光スポットや行事 [TOPへ] (服装虫対策ゴミ箱

道の駅「もち米の里なよろ」と観光スポット
道の駅「もち米の里なよろ」と観光スポット


 名寄市には一年を通して、観光地があります。その下に、士別市、下川町のスポットを挙げています。

 「ふうれん望湖台自然公園」道の駅から東へ12km(01655-3-2755、名寄市風連町字池の上)は忠烈布湖そばの公園。ミズバショウ(5月・園内各所の沢地)、エゾノリュウキンカ(5月・園内各所の沢地)、クロフネツツジ(5月頃・パークゴルフ場)、エゾヤマザクラ(5月中旬・センターハウス前、風扇館前)、スズラン(6月初旬〜中旬・野草園)、ジャーマンアイリス(6月中旬〜下旬・木道橋付近)、シベリアアヤメ(6月中旬〜7月初旬・野草園約15,000株)、花ショウブ(7月中旬〜下旬・公園少し奥の木道橋約8,000株)、ヘメロカリス(8月初旬〜中旬・木道橋、ショウブ園)、ギボウシ(7月下旬〜8月中旬・野草園)、5月〜8月にかけずっと花を観賞できます。
 忠烈布湖の水は農業用水として用いられ春から夏初めまで水を湛えています。お盆の頃には水は全部抜かれてしまいます。
 園内にはキャンプ場(開設期間5月下旬〜10月下旬)があります。キャンプ場は200サイト。電源つきのオートキャンプ場(20サイト)はお歳を召した方、繁忙期以外の平日は料金が少し安くなります。残念ながらときどきヒグマの目撃情報があるそうです。

ふうれん望湖台自然公園案内
ふうれん望湖台自然公園案内


 「芝桜」は「道立サンピラーパーク」道の駅から北東へ12km(01654-3-9826、名寄市字日進147、シーズン中は09:00-18:00の営業/冬は22:00まで)や名寄市風連町瑞生(ふうれんちょうずいしょう)地区で。とくに瑞生の芝桜は毎年田植え時期にピンク色の芝桜が田んぼの畦に咲き、水田の水に映りきれいです。見頃は5月下旬~6月上旬。
 「ひまわり畑」も同じく「サンピラーパーク」、また道の駅から北へ20km「名寄智恵文ひまわり畑」サンピラーパークからは北西へ11km・国道40号沿い(MAP CODE:651 048 805*30、問合せ01654-9-6711、名寄市字智恵文7線北2)などで見ることができます、ほかにも市内一円で。見頃は7月下旬~8月中旬。農業用・観賞用のひまわりが咲き誇ります。「なよろひまわりまつり」が8月上旬2週間ほど開かれます。2kmさきに「智恵文つつじ公園」(MAP CODE:651 021 541*44)。こちらは6月上旬が見頃、道案内の看板が建っています。

 「比翼の滝・晨光の滝」(名寄市智東)、「ナイオロップの滝」(名寄市日進 「なよろ健康の森」東)、滝が市内三カ所にあります。5月~6月水量の多い時期が見事です。

 JR宗谷線の名寄駅近く(道の駅から北東へ9.3km)に「名寄公園」、「北国博物館」(01654-3-2575、名寄市字緑丘222)があります。「名寄鈴石」、「名寄高師小僧」などの「奇石」が展示されています。公園内には「SL排雪列車キマロキ」が展示。いまは廃線となった名寄線を走っていたSLを名寄線跡地に展示しているものです。「キマロキ」というのは列車の編成法を言うそうで、機関車(キ)、雪を集めるマックレー車(マ)、雪を飛ばすロータリー車(ロ)、そしてまた機関車(キ)の順に連結された排雪用編成列車です。線路脇の雪壁が高くなりすぎてラッセル車では排雪が無理になったときに、この編成の排雪車が動いたそう。奥に公園が広がっています。

名寄市・北国博物館
名寄市・北国博物館
名寄市・キマロキ編成の除雪車
キマロキ編成の除雪車


 名寄で一番の名物は冬の「樹氷」とサンピラー現象。とくに出かけなくても市内でも見られるそうですが、名寄市字日進のサンピラーパークピヤシリスキー場が見事。スキー場すぐ近くには「体育センター ピヤシリフォレスト」(01654-2-1180、名寄市字日進927)があります。冬期は1日5便のバス(PDF)が運行しています。道の駅からだと「名寄公園入口」乗り場が一番近いかな。
 サンピラー(太陽柱)現象は風のない晴れた早朝、気温が-10℃~-20℃以下のときダイアモンドダストが発生。このダイアモンドダストに太陽光線が反射してサンピラーが見えるそうですが、いつ発生するかはなかなか予測がつかないとのこと。夏のひまわり畑にも出たというニュースもあります。

 名寄市にはレンタサイクルがあります。「名寄駅前交流プラザよろーな」1階「観光案内所」(01654-9-4607、名寄市東1条南7丁目1-10、道の駅から北東へ9km)で申し込み・料金支払い。シティーサイクルからスポーツサイクルまで種々の自転車から借りられます。建物の前面に自転車がたくさん並んでいます。利用時間は午前9時から午後5時まで。近場だと自転車で回る方が心地よいですね。「名寄市北国博物館」は南へ1.3km、「名寄温泉サンピラー」までは北西方向8.6kmです。

士別市の観光スポット…、
 すぐ南の士別市には「世界のめん羊館」道の駅から南へ16km(0165-23-1582、士別市西士別町5351)があります。羊とのふれあいばかりでなく、えさやり体験、期間が限られますが「羊の毛刈りショー」や「シープドッグショー」が見られます。シーズン中は09:00-18:00、10月~3月は09:00-16:00開館です。
 「世界のめん羊館」をぐるっと取り囲むのが「羊と雲の丘」(0165-22-2991)。広い丘の上を夏はフットパス、冬はスノーモービル、またトラクターバスに乗って見て回ることができます。「シープドッグショー」「羊の毛刈りショー」「トラクター乗車体験」の開催期間はホームページ上に掲載。羊関連のお土産が販売されているのはもちろん、「レストラン羊飼いの家」(0165-22-2991、シーズン中の11:00-19:00)での食事も楽しめます。

士別市・世界のめん羊館
士別市・世界のめん羊館
めん羊館のひつじ
めん羊館のひつじ


 「屯田兵屋」士別市街地から西へ2km(士別市南士別町2554)1899年に入植した屯田兵・川津万次郎さんの住宅。最後の屯田兵です。屯田兵の住宅には「猫」がそれぞれ配られたとか。士別あたりにはクマはおらず、ネズミがたいそう多かったとのこと。1969年に一度移設、その後「士別市立博物館」(0165-22-3320)横の現在地に移されました。内部には屯田兵の生活がわかる当時のタンスや戸棚、そして大事な農機具が展示されています。士別市の指定文化財第1号です。
 博物館には太古の士別から開拓時代、現代の士別に至る遺産が展示されています。博物館の画像奥に見える建物は1915(大正4)年建設の「士別公会堂」、こちらも歴史的遺産。公会堂へは博物館を通って入場できます。

士別市立博物館
士別市立博物館
屯田兵屋
屯田兵屋



 「焚き火キャンプ場士別ペコラ」facebook 士別市街地から南東へ3km(0165-26-9008、士別市東4条21丁目473-103 プレミアムサフォークダイニングSHIZUO内)。新型コロナウィルス騒ぎの陰に隠れたようになりましたが、2020年5月開設の新キャンプ場、しずお農場facebook)内にあります。キャンピングカーサイト(車乗り入れ可、電源あり)、プライベートサイト(車乗り入れ可)、オートサイト(車乗り入れ可)、フリーサイトの4タイプ。いずれもペットはOKです(羊舎へ連れて行くことはできません)。人数分の入場料とサイト使用料が必要です。受付と売店が「プレミアムサフォークダイニングSHIZUO」内、ウォシュレット完備のトイレが男女各2か所、カフェは金土に開店です。サフォーク種のジンギスカンが食べられるレストランあり。分別したゴミを処分可。就寝は22:00まで。羊やどさんこ馬の見学が可能です。

 士別市にはほかに4つものキャンプ場があります。市街地から近い順に並べます
 「グリーンスポーツ」(0165-23-0239、士別市西士別町2269番地)5月~10月。使用料は無料。ランニングコース、白樺ロッジがあります。上にあげた「士別市立博物館」の近くです。

 「つくも水郷公園」士別市街地から北東へ2.5km(公園管理棟080-8625-0963、士別市東7条北9丁目)開設期間5月中旬~10月。キャンプ場使用料は無料。水郷公園にはボート、ゴーカート、バッテリーカーなどの遊具、レンタサイクルがあります。
 「日向温泉」(温泉0165-26-2021、士別市多寄町日向)5月中旬~10月中旬。キャンプ場使用料は無料です。とても安いバンガローがあります。温泉がすぐそばです。バードウォッチングに最適な森林公園があります。冬はスキー場が開きます。士別市街地から北へ14km。
 「岩尾内湖白樺キャンプ場」(MAP CODE:572 057 173*33、0165-28-2880、士別市朝日町岩尾内)5月~10月。士別市街地から南東へ35km、岩尾内ダムの堰止め湖岩尾内湖の湖畔です。使用料は無料です。日中は管理人がいます。芝生のサイトに車乗り入れ可。シャワーあり。設備一切のない(なんと電気設備もなし)バンガローが低料金であります。


下川町の観光スポット…、
 名寄の東に位置する下川町には町のシンボル「万里の長城」(上川郡下川町西町)という長い石垣があります。全長2km。1986年から2000年まで町民がひとつひとつ石を、なんとその数15万個以上を積み上げ完成させたものです。「万里の長城」の名称使用は中国領事館からお墨付きをもらっているとのこと。近くには「桜が丘公園」「万里の長城パークゴルフ場」があり、毎年5月桜の季節に「万里の長城祭」が開かれます。

下川町「万里の長城」
下川町「万里の長城」


 「万里の長城」の中は「桜ケ丘公園」(問合せ01655-4-2072)。野球場、パークゴルフ場、山村広場があります。桑の沢川という水路のような川を越えるとガーデニングフォレスト・フレペ(イベント会場・休憩施設)やアスレチックの遊具のある広場があります。公園は冬はアイスキャンドルの会場に。


地名由来 [TOPへ]
 名寄市は人口30,000近くの市ですが、どういうわけか市外局番が5桁もあります。それはともかく名寄の語源はアイヌ語の「なよろふと」、「ないぶと」。「ない」は川の意味、「名寄川」自体「ない」だけで呼ばれていたのではないかと言われています。「ぶと」は合流点・河口です。
 すでに18世紀にはこの地名が中央には伝わっていて、明治になって漢字表記が出現するとのこと。「なよろ」になぜ「名寄」の漢字を充てるようになったかの経緯は不詳です。


地図 [TOPへ]

#「その他のオプション」をクリックした後、出てきた大きな地図の左側「道の駅道の駅もち米の里☆なよろ」の文字列の前に「札幌から」など入力し、エンターキーを押すと出発地からの距離、時間、ルートが示されます。


参考URL:
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/102
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2939/
http://mochigome.jp/

#cheap & clean_stay_in_vehicle_at_MichinoEki_Hokkaido